解体現場での熱中症対策


夏本番をむかえ、朝から暑さが厳しいですね。

 

毎年、熱中症には気を付けていますが、クラクラめまいがしたり、大量の発汗をしたりと軽い初期症状がでてる作業員もいます。

 

この時期はマメに休憩時をとり、水分と塩分補給をするようにしてますが、日頃の体調管理も大事です。

 

  • 充分な睡眠
  • 朝食をとる
  • 二日酔いではないか

 

など、作業員の顔色を見ながら確認してしています。

 

熱中症による死傷者数を、業種別にみると建設現場がダントツで多く、平成23~27年で約700人の死傷者がでてます。

 

 

 

熱中症による死傷者数(業種別) 国土交通省 平成29年3月 資料より
国土交通省 平成29年3月 資料より

 

最近、建設現場では空調服を着用している作業員を多く見かけます。

 

また、空調システムが取り付けてあるヘルメットもあるそうです。

 

これで少しでも熱中症の事故が防げればいいですね。

 

 

熱中症対策 空調服
WORKMAN ホームページより

日系解体工業株式会社

〒253-0007

神奈川県茅ヶ崎市行谷945-1

TEL   0467-38-8842

FAX     0467-38-8843

E-mail: momose2201@yahoo.co.jp