梅雨時期の養生

今年の梅雨は長引いてますね。

 

本格的な夏日は、まだもうちょっと先かな?

 

鎌倉の長谷寺は、紫陽花が綺麗に咲いていました。

 

 

 

コインランドリーはどこも混んでいて、我が家では、浴室の暖房機能をフル回転で洗濯物を乾かしています。

 

解体現場で一番困るのは「整地」です。

 

建物を壊して試掘をした後に、地盤面を平らにして綺麗にします。

 

雨が降ると、土がぐちゃぐちゃになり整地ができませんので

晴れて、土の中の水分がある程度乾くまで、工事がストップします。

 

水分を含んだ状態で、無理に整地をすると地盤面がガタガタで汚いです。

 

なので、作業員は解体中の他の現場に応援に行かせます。

 

また、土羽(どは)仕上げがあると、土が道路に流れでる恐れがありますので、

ブルーシートで養生をして、土嚢で抑えます。

 

どは仕上げの養生 茅ヶ崎 横浜の解体 日系解体工業株式会社
ブルシートで養生した土羽仕上げ

解体後に地盤調査や新築工事が入らない場合は、このような養生をします。

 

また、雑草を生やさない目的で養生シートをする場合もあります。

 

養生もしっかりと抑えをしないと、風で簡単にめくれてしまうので気を付けないといけません。

 

解体後に更地の状態が続くようでしたら、お気軽にご相談下さい。

日系解体工業株式会社

〒253-0007

神奈川県茅ヶ崎市行谷945-1

TEL   0467-38-8842

FAX     0467-38-8843

E-mail: momose2201@yahoo.co.jp